スポーツに筋力トレーニングを取り入れる

スポーツに筋トレを取れ入れると、基礎筋力の向上と専門筋力の向上が出来るようになります。基礎筋力は元々持っている筋力で、向上させるには最大筋力の向上と全身の金軍のバランスの発達と筋構造の強化を行う必要があります。

これにより、スポーツのパフォーマンを上げる事が出来ます。専門筋力の向上とは専門とするスポーツに使われる動作の強化をする事です。スポーツと筋トレを行う順番は、スポーツが先で後に筋トレを行います。しかし目的によっても異なり、肉体改造が目的の場合はスポーツの前に筋トレを行う法が良いです。

それは筋トレに全力が出せなくなるためで、先に行うのです。スポーツの向上や基礎筋力の向上であれば、筋トレは後の方が良いです。筋トレ後にスポーツを行うと、力を発揮する事が出来なくなるためです。ダイエット目的で有酸素運動と筋トレを行っている場合は、筋トレが先になります。

筋トレを先に行うと脂肪が燃焼されやすくなっているので、この後に有酸素運動を行うのが効果的です。体重を減らしたい場合、筋トレだけで痩せる事は出来ないです。筋トレは基礎体力の向上や筋肉を大きくするために行う運動で、痩せやすい体質を手に入れるために行います。

1日3時間も行えるのであれば痩せられますが、それは無理なのでスポーツも併用すると効率よく痩せる事が出来ます。

モーションズ ベンチ

リバウンドしないように好きなものは食べる

今までは、食事を減らして運動をして好きなものを控えながらしていましたが、ストレスになるのでリバウンドしていました。今は110Kgから97Kgになり、そこで止まっておりますがチョコレートや饅頭、ポテトチップなど食べてはおりますが体重の変動はあまりなくなりました。運動も散歩ではありますが30分くらいしかしておりません。夜は夕食後に間食しなくなったのと食事前にスライスした玉ねぎと塩をほんの少し入れたヨーグルトを食べるようにし始めたことと夜は、早く寝る。それで体重は一定しています。もう少し運動量とストレッチなどを含めてケガをしないように増やしていくといいのでしょうが、寒くてしていません。一応今年の目標としては90Kgまではと思っています。体重が減ると精神的にも私は楽になります。ストレスがないように痩せることが目標でもあり、食事制限をしながらもとなると途中であきらめてしまう原因になるので、好きなものを辞めずに腹九分くらいで、夜遅くの間食を我慢できれば、私は体重を増やさないようにしていきたいです。もう42歳なので今のうちにダイエットしていきます。

ロコベール

元彼を見返したい!スロージョグダイエット

私がダイエットに力を入れたきっかけは元カレに浮気をされ、降られたことが原因です。
彼はどんな私でも受け入れてくれると変な自信を抱き、常に可愛い彼女でいることを完全に忘れてしまっていたように今では思います。浮気相手は、私よりも5つ年下の背の高い、スラリとした細身の体系の女の子でした。自分との明らかな違いに大きなショックを受け、食欲も無くなり、何をするのも嫌になりかけていた時、母から毎日ストレッチをすること、早朝のスロージョギングを一緒にしないかと誘われ、気分転換と太っている自分とさよならするために、始めることにしました。スロージョギングは、普通のジョギングよりもゆっくりとしたペースで走るため、足やひざに負担があまりかからず、長く走り続けることができます。運動初心者の私と母は運動の前後に5分ずつストレッチをし、スロージョグは20分間と決め、普段よりも少し早く起きて、週に3回走っていました。スロージョグはじんわりと汗をかき、とても気持ちがいいです。また、せっかく運動して消費したカロリーを無駄に他の食事で増やしたくないという意識の変化もおきました。足も少しずつ引き締まり、ウエストまわりも痩せ、自然と食事の量や食べるもののコントロールもできるようになりました。ダイエットで効果が出たのが初めてだったので、今後も続けていきたい習慣です。

マジカルマスリーボディシェイパー

食べたい人にはもやしがオススメ

ストレスを食べることで発散するタイプの人にとって、ダイエットのための食事制限は本当に辛いと思います。

食べるのを我慢することでストレスが溜まり、そのストレスが暴発してリバウンド……なんていうのは悲しすぎるお話ですね。
そこで、ダイエット中もお腹いっぱい食べたい人にオススメなのがもやしです。
もやしは低カロリー・低糖質・低価格と嬉しいことだらけの食品です。
レシピもネットで検索すればたくさん出てきます。
私の場合、もやしとお肉(豚肉や鶏のささみなど)をマヨネーズとポン酢で炒めたものが好きで、ダイエット中はそればかり作って食べていました。
途中、多少味を変えたり、キノコや野菜を足したりしながら、約2~3週間。
炭水化物や甘いものもそれなりに食べ、運動は寝る前のストレッチくらいしかしていなかったのですが、体重が約3キロ落ちていました。
ダイエット中に気を付けたことは、
・お腹が空いたらまずもやしを食べる。
・その後で物足りなければ食べたいものを適度に食べる。
・間食はできるだけしない。
ということです。
過度な我慢はせず、満腹感も得られるので、痩せたいけれど食べたい人はもやしを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ロコベールのお申込みはこちら!

ウエストと太ももどちらをとるか。

私の場合は、昔からですがお尻と太ももが気になります。出産などを経て1度は少し全体的に太りましたが、親と同居などしていなかったため、ゆっくり休めず産んで退院してすぐから育児や買い物、家事などをやっていたらいつの間にかある程度痩せてきていたのですが、下半身デブは変わらずでした。ついでにそこも痩せないかなと期待した私でしたが、残念ながらダメでした。デニムなどを買うとき、ウエストで選ぶと太ももやお尻がちょっとパンパンな感じになるので、そっちに合わせて買おうと試着すると今度はウエストが大きくてブカブカで、なんだかしっくりこないのでいつも悩みます。どちらかに合わせるしかないので、とりあえずウエストに合わせるか太ももやお尻に合わせたものを買って、それにベルトをしてきたりしていますが、トイレに行く時や着替えの時にベルトが邪魔になるので、基本的にはウエストにあわせています。既製品がぴったり合うような体型になれたらいいなと思います。

ディオプレス加圧スパッツ

高いものを使えば良い訳ではない

もともと面倒くさがりで、20代前半はスキンケアなんてしたことがなかった。25歳を過ぎてきて肌トラブル(ニキビと毛穴の開き)が増えたので、スキンケアについてインターネットで調べて、最初はプチプラのものから始めました。
ニキビは相変わらず出来ますし、毛穴の開きは変わりませんでした。良くもなく、悪くもなく意味があるのかないのか。
続いてドラッグストアで1本数千円のブランドスキンケアを試しました。ライン使いをしていました。
すると普段出来ない場所にニキビが出来てしまいました。結局使えませんでした。
これではスキンケアなどしない方がまだマシだと思うレベルでニキビがポツポツと出来てしまいました。

高ければ良いわけでもなく、しかし安いものでは効果が実感出来ず、今もコレだ!というスキンケア用品には出会えていません。しかし、高いものより安いものの方がニキビのトラブルで悩むことはなくなったので、今は数千円のブランドスキンケア用品は使っていません。よく読まれてるサイト⇒メンズニキビケアのランキング

筋肉トレーニングを効果的に行う

筋トレを効果的に行うには、ウォーミングアップを行う事が大切です。ウォーミングアップをしないで行うと、怪我のリスクも高まり筋トレの効果が薄くなります。ウォーミングアップで血流を良くして、筋肉を最初から動かせるようにして可動域も広げておきます。

筋トレは正しいフォームで行わないと、効果が減ってしまったり効果が出るまでに時間がかかったりします。正しいフォームで行うと、筋トレの効果を最大限に受けられ効率的に出来るようになります。正しいフォームは怪我のリスクも減らせるので、専門家の始動を受けるようにすると正しいフォームが保てます。

筋トレを行うと普段よりも水分が失われるので、水分補給はしっかりと摂ります。水分不足で起こる症状は、極度の疲れです。極度に疲れてしまうと、次に筋トレを行う事が出来なくなるのできちんと水分補給をします。

筋トレに必要なエネルギーを摂取する事も大切で、炭水化物はエネルギーを供給してタンパク質は筋肉の成長や回復をに効果的です。筋トレ前後には高血糖の炭水化物を摂取して、ビタミンは不足する筋トレの効果を低下させます。

カルシウムは骨を作るために重要で、コラーゲンは柔軟性を高めて関節を強化してくれます。

参考にしたサイト⇒加圧インナーレディースのおすすめについて